HOME > 商品情報 > ぶんぶん

ぶんぶんの特徴

サイズ ぶんぶん1000 1,000匹
ぶんぶん2000 2,000匹
ぶんぶん3000 3,000匹
使用期間 30日~60日
使用目的 短期 集中 交配

1,000匹入りは4月より、2,000・3,000匹入りは3月~9月までの販売です。
短期のメロン、スイカ等の交配に威力を発揮します。
安価軽便。いちご交配の貸ばち返却後の対応にも最適です。
女王蜂は入っていません。

交配専用みつばち ぶんぶん1000・2000・3000

ぶんぶんの巣箱

『ぶんぶん1000・2000・3000』の巣箱は、農作物受粉とミツバチ生態を考えて作られました。

  • 巣箱内の密度が高く、保温に要する労力を最小限にすることを考えて設計されているので、最大限交配に力を向けることが出来ます。
  • 巣箱内の温度が保たれているので温厚に働きます。
  • 超撥水ダンボールカバーで被っているので、1ヶ月程度の使用では外でも安心してお使いいただけます。保温力も倍増。

交配力

利便力

安定力

ぶんぶんはなぜ元気よく安定して働くのか

働きバチの仕事は子育てが専門です。それには保温が絶対条件です。
働きバチは蜂児が巣に多くいると良く働きます。

ぶんぶんは蜂児の多い巣で構成されています。 その蜂児を育てるために働きバチは巣箱内の温度を常に34℃に保っています。
幼虫を育てるため、外気が暑くても、寒くても、常に34℃に巣内の温度を保とうとします。
最近、巣1枚の巣箱を見かけますが、1枚の巣ですと敷き布団だけで着布団がありません。温度を保つのに難しく、外気温の変化に対応するのに精一杯で外に出ることが制限されます。即ち出巣するのに朝方など大変ムラが多く安定した交配を期待することが出来ません。

ぶんぶんは手を加えて蜂児の多い巣2・3枚を巣箱の中に入れてあります。ハチが巣と巣の間で育児のために容易に保温することが出来ます。
ぶんぶんの巣箱は保温性の高い段ボールでハチが住むのに理想的な立方体にしてあります。ハチが保温に費やす力を最小限にとどめエサ採りに安心して専念できるように開発された巣箱です。
またぶんぶんはミツバチが勢いよく安定して働くための特別な工夫(企業秘密)がしてあります。
ぶんぶん1000・2000・3000は以上の3条件が相乗効果となってハチの働きを最大限に発揮できるよう研究されたわが国唯一の交配専用みつばちです。
これがぶんぶんの秘密です。ご安心してご利用下さい。

ページの先頭へ